那由多遥

【人気記事】東雲うみ「アニメ観たことなかったのに「何これカッコイイな」って思ってガンプラを買っちゃったんです」【独占告白8/9】【画像61枚】

1982年2月2月23日生まれ。東京都出身。T164・B84W60H84。

 2000年、グラビア・デビュー。写真集、ビデオ(DVD)を次々リリースする一方、ドラマ『伝説の教師』(日本テレビ系)、『HeartBeat』(テレビ東京系)などの女優活動、バラエティ、CM、女性誌モデルなど、多方面で活躍。2002年4月にリリースした写真集『露(ARAWA)』で披露した過激な着衣が話題を呼び、“裸衣(ライ)ドル”の異名をほしいままに。マジックハンドや薄いペーパー、サスペンダーだけによる斬新な乳隠しは、その後の着エロ・シーンに多大な影響を与えることとなった。インターネット放送のバラエティにも出演するなど、時代に先駆けての活動も注目されたが、2005年頃、ひっそりと引退。

【一言解説】

 どこからどう見てもアイドルでありながら、当初から“アイドル”という肩書きに疑問を持っていた彼女。早々に開始されたノーブラ路線は、そういったアイドルという位置づけへの彼女なりの反発の意志表明だったのかもしれない。そもそも、那由多(10の60乗という天文学的単位)という奇抜なネーミングもその表れだったか。それゆえ、“裸衣ドル”という唯一無二のキャッチフレーズを得ながら、あっさりと表舞台から姿を消すことになったのは本当に残念だった。先だっての『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の大晦日スペシャル『絶対に笑ってはいけない~』において、浜ちゃんをデフォルメして描いた絵画「ハマータ」を“お金配りおじさん”こと実業家の前澤友作氏が「1000那由多」という単位で落札し話題を呼んだが、これをキッカケに再登場なんてシナリオもよいのでは?

※スリーサイズはすべて公表当時のものです。

(文・織田祐二)

 

【関連記事】

・STU48石田千穂「清潔感のあるビキニ・ショットにドキッ」ファースト写真集のオフショットを披露【画像3枚】

・元HKT48兒玉遥「卒業以来の水着&初のランジェリー姿も!」公式カレンダー発売を発表

・仲村美海「ミステリアス美女」の素顔に迫るロングインタビュー【全3回まとめ】【画像10枚】

・十味が放課後の教室でビキニ姿に!『月刊エンタメ』グラビアのアザーカット公開【画像7枚】

・G乳・さわち店長「牛柄ビキニが爆乳でギューギュー!」極上ボディで新年のお祝い【画像2枚】