後者は、夕方という時間帯の光加減と、おそらく相応の撮影時間を経たゆえであろう肌の適度な汗感があいまって、その美しさがより際立つ形で展開され、奏功している。

他の水着記事を読む

 そうして、あらためて、その魅惑の完売ボディを目の当たりにして実感させられるのは、彼女特有のむっちり感だろう。往々にして、バストサイズが86センチもあれば、DカップやEカップもおかしくないと思われるが、彼女のカップはCカップ。

 身長162センチとバスト86センチの数値バランスの相似を考えると、古くはインリン・オブ・ジョイトイ、最近では阿久津真央あたりと合致するが、巨乳度では歴然の差。矢吹の胸と2人の谷間とを比べると著しく違っているのがわかる。

 ただし、言うまでもなく、巨乳だからいい、巨乳じゃないとダメというわけではもちろんなく、肉感たっぷりの胸回りのボディと適度にいい感じに膨らんだ形状は形状で、無性にいい感じ。

そこは彼女ならではの美貌との整合性も関係してくるとも考えられ、キリっとした大人っぽい美人顔と適乳(当時はこんなタームはなかったが、令和のいま、適度に膨らんだ胸といえばこう呼ぶに尽きる)の妙味こそが、本作における当時19歳の彼女の最大の魅力と断じたい。

【関連記事】

・安藤遥「黒のスケスケ衣装がお気に入り」目線で誘ってます【写真49枚】

・小山玲奈「バランスボールでひたすらボヨンボヨン」仕上げたボディを見て【写真48枚】

・鈴原りこ「お尻が半分ちょい以上出てる」泡ブラはすぐ落ちちゃう【写真44枚】

・史上最高ボディ・ななせ結衣が「憧れの先輩・菜乃花」との出会い秘話を語る【独占告白2/23】【画像58枚】

・熊田曜子「水着で濡れるシーンがすごい好き」浴衣をはだけちゃった【画像42枚】