■「美尻グラドル総選挙」で1位になるための戦略

――そういった努力の甲斐もあって、2020年は「美尻グラドル総選挙2020」と東京Lilyの「あなたが選ぶ2020年上半期MVP」で1位になることができました。この2つは投票してもらうための努力もしたんでしょうか?

【写真】東雲うみ「もともとお尻は大きいほうだったんですけど、1回やっただけでパン!ってデカくなったので楽しくなっちゃって(笑)」【独占告白7/9】【画像61枚】

「上半期」のほうは途中経過が分からなかったので、まさかMVPになれるとは思ってなかったんです。でも上のほうになれたらいいなと思ってたので、ファンの方にお願いしてたらなぜかMVPになれて……アレはビックリしました。

「美尻グラドル総選挙」のほうは、話が来たときから「参加するなら1位になんなきゃ意味がない」って思っていたので、すっごい気合い入れてました。あれって選挙じゃないですか? しかも投票する方にとっては小学館さんのページに登録しなきゃいけないっていう手間があるので、ぶっちゃけいい画像を載せただけでは投票ページに飛んでくれないんですよ。それを考えたときに「これは政治の選挙と同じで、言葉で伝えないと心動かないな」と思って。

――具体的にはどんな作戦を?

 最初は中間発表のときまで一切インスタライブをしなかったんですよ。それで様子をすっごい強敵がいたので、中間発表では2位になって。そのときに「これはフォロワー数じゃ勝てないから、心に訴える何かを言わないと」って思ったので、毎日朝と夜にインスタライブをして「なんでこれをやっているか」っていう理由と、「私はこれからこうなりたいんだ」っていう所信表明みたいなことを話しながら(投票を)頼み込んでました。

――まさに選挙ですね。

 そうですね、選挙と同じようにやっていったらみんな投票してくれたんですよ。ファンの方が投票してくれたおかげで1位になれたので、それはホントに有難かったです。

(取材・文=鎌形剛)

 

PROFILE

しののめ うみ

1996年9月26日生まれ、埼玉県出身。

T162・B90(G)W59H100

趣味/ガンプラ、ギター、油絵、羊毛アート

特技/バルーンアート、大道芸、弓道、書道

【関連記事】

・歯科衛生士・西原愛夏「ビーチに舞い降りた天使」ベッドシーンも艶やか…【画像4枚】

・つんこ「脱いだらすごい! 脱がなくてもすごい!!」コスプレイヤー、DJ、声優を兼務する超マルチ美女がグラビア進出!【画像4枚】

・東大卒・東堂とも「ワンチャンおじさんに『何万あげたら今脱げる?』って言われてました」【独占告白1/8】【画像32枚】

・船岡咲「元ジュニアモデル」スレンダー美女のぷりぷり尻【画像10枚】

・むちむちグラドル・桜田なな「お尻丸出しの女教師」受講したい課外授業【画像2枚】

・シン・ユリ「スケベすぎる“裸エプロン”」家事が終わったら…どうする?