第1回ミスヤングチャンピオン準グランプリにして、初代恵比寿マスカッツのメンバーの篠原冴美も写真集リリースに向け始動し、募集終了の期限を1か月以上残しながら目標の400万円に到達した模様。芸能ライターの織田祐二氏にも聞いてみた。

他の水着記事を読む

「先頃見に行ったライブイベントにトリで登場したのが篠原。そこでもそれについて喧伝していましたが、むっちり感いっぱいのボディ含め(笑)心身ともに充実しているようで、リリースが本当に楽しみですよ。

 正直、個人的にクラウドファンディングについては、2003年に始動したグラドル界初の『新人グラビア☆アイドルファンド』がいまひとつな感じで終わってしまったことや、2015年に資金が集まらず頓挫した篠崎愛の『篠崎AIプロジェクト』のイメージもあり、懐疑的なものもあったのですが(苦笑)、時代が変わったということでしょうか」

 ちなみに『新人グラビア☆アイドルファンド』は青山愛子を輩出したプロジェクト。計5人の新人グラドルが選出されたが、青山以外は完全に売れ悩んだのと(苦笑)、あくまで投資目的が前提でスタートしたため、あっというまにフェードアウト。

【関連記事】

・石岡真衣「悪い先生にいたずらされて」包帯でこんな衣装に……【画像47枚】

・紗綾「デビュー当時はランドセル」15年目で大人の色気が満タンに【写真36枚】

・篠原冴美「ラムちゃんをパーフェクトに再現」バストがこぼれそうだっちゃ!【画像2枚】

・篠崎愛「実力派の歌い手」にJ.Y.パークプロデュースで倍返ししてほしい!

・“金髪巨乳美女”小島みゆ「ジッパーが閉まらない…!」“人造人間18号”になりきり【画像2枚】