「そうなるでしょうね。基本、お祭りイベントの一環として位置づけることで、“売り上げを見込んで”というのは二の次でしょう。SNSにおける喧伝の圧倒的な有効性に加え、昨今のコロナ禍における閉塞感の中、参加型のグラクラがより注目されている感もあり、今後の推移は興味深いところ。紗綾や篠原のプロジェクトがどんな展開を見せてくれるのか、目が離せないですよ」(織田氏)

他の水着記事を読む

 彼女らの今後の展開、成功いかんによって、さらなる盛り上がりを見せるのは必至のグラクラ。昨今の時流のもと、当面目が離せず話題に事欠かない試みと呼んで過言じゃないだろう。

(文・天然バナナ工場長)

【関連記事】

・石岡真衣「悪い先生にいたずらされて」包帯でこんな衣装に……【画像47枚】

・紗綾「デビュー当時はランドセル」15年目で大人の色気が満タンに【写真36枚】

・篠原冴美「ラムちゃんをパーフェクトに再現」バストがこぼれそうだっちゃ!【画像2枚】

・篠崎愛「実力派の歌い手」にJ.Y.パークプロデュースで倍返ししてほしい!

・“金髪巨乳美女”小島みゆ「ジッパーが閉まらない…!」“人造人間18号”になりきり【画像2枚】