初代からの決めゼリフは、「時にはパンチ! 時にはキック! 逮捕しちゃうぞ!」。毎回、エッチな企画やゲームに挑み、過激なトークやパンチラも辞さない言動で人気を確立。時代や番組の新規変遷とともに活動内容は大きく変化してきたが、そのネームバリューは依然変わらぬ大きなものがある。

他の水着記事を読む

 前述の3人のほか、ざっと主な歴代メンバーを挙げると、金澤あかね(2代目)、宮内知美(3代目)、松井友香(4代目~)、浅倉めぐみ(6代目)、永井流奈(6代目~)、姫島菜穂子(7代目)、宮前るい(8代目)、星野加奈(9代目~)、福田淳子(9代目~)、佐藤さやか(9代目~)、七生奈央(9代目)、松坂紗良(9代目時の秘書)、飯作あゆり(10代目)、永浜いりあ(10代目)、三宅梢子(12代目)、現・住谷杏奈の鈴木杏奈(12代目)、松嶋初音(13代目)、滝ありさ(14代目~)、川奈栞(14代目~)、現・高橋央結城ちか(17代目)などなど(星野や福田、松坂は9代目以前にも“新ポリス”の呼称で出演)。グラドル界を盛り上げた顔ぶれを随時抜擢、輩出していることがわかる。

【関連記事】

・堀越のり、永井流奈、伊織…デビュー当時大人気だった82年生まれグラドルを君は覚えているか!?

・涼原あす菜「ほぼハダカで真冬の外に」すっごい寒くてキツかった【画像54枚】

・秋山莉奈、大原がおり、富田麻帆…時代くくりで扱えなかった東京出身グラドル総まとめ

・吉沢さりぃ、結城ちか「山梨県出身グラドル」はバスト100cm級が2人もいた!

・国民の愛人・橋本マナミを生み出した山形県出身の「伝説の巨乳レジェンド」