素材といえば、ノースリーブにショーパンといったコーディネートや、キャミソールワンピ姿も出てくるが、イメージDVD上、往々にして捨てショット、飛ばしチャプターになりかねないそういったビジュアルも、彼女にかかるとリアルな色香として、こちらの下世話な欲求に無性に訴えかけてくるものがあり、ビキニ姿への非常にいいアクセントとして機能。

他の水着記事を読む

 熱帯夜にして熱タイ夜は、いつしか“熱体や!”として転じることとなり、さらにそれは“こんなホットで艶めかしい体と心行くまで一緒に寝たいや”という思いにも。そうして、あらためてエンディングに向けその魅惑の官能ボディを目の当たりしていくにつれ、目下のダンナさんへの羨望や嫉妬の思いがどこからかメラメラ燃え上がってきたりも……。

 リリース時期的にはいまからちょうど14年前。当時、筆者が某誌でおこなっていた定例企画『グラドル番付』において文句なしの横綱に据えた彼女だが、その時間の経過の大きさをあらためて踏まえると愕然とすることしきり。ここに映っている、当時自分が夢中になり激賞した彼女の姿、ボディがそんなに昔のものとは到底思えないから。

【関連記事】

・新田ゆう「彼シャツってなんかエロい」プライベートでもやってみたい【画像57枚】

・安藤遥「黒のスケスケ衣装がお気に入り」目線で誘ってます【写真49枚】

・小山玲奈「バランスボールでひたすらボヨンボヨン」仕上げたボディを見て【写真48枚】

・鈴原りこ「お尻が半分ちょい以上出てる」泡ブラはすぐ落ちちゃう【写真44枚】

・徳江かな「小さすぎる反則ブラ」運動したらポロリは確実!?【画像2枚】