大久保麻梨子

他の水着記事を読む

1984年9月7日生まれ。長崎県生まれ(育ちは福岡県と兵庫県)。T163・B87W55H82。

 2003年、大学生時代に神戸でスカウトされ、芸能界入り。同年、人気パチンコ機種『海物語』のイメージキャラクター「Sea Story Audition2003 マリンちゃんを探せ!!」オーディションでグランプリを受賞し、一気に知名度がアップ。本格的にグラドル路線に入る中、2004年、「日テレジェニック2004」に選出され、完全ブレイクを果たす(2006年には『FLASH』誌において「読者が選んだNo.1おっぱい」にも選ばれる)。その後はバラエティやドラマにも精力的に進出。2008年、事務所移籍を機に“大久保麻理子”に改名。同年限りでのグラドル卒業を宣言。2011年からは活動の場を台湾に移し、名前も元の名前に戻して活動。同地において女優としての実績を積み重ね、現在に至る(2013年には台湾最大のテレビアワードで助演女優賞受賞。なお、2019年より所属事務所はホリプロインターナショナル)。2016年に台湾人の一般男性と結婚。

【一言解説】

 小倉優子(2002年)、井上和香(2003年)とトップ・グラドルを輩出(選出)してきた日テレジェニックにあって、2004年の彼女の受賞は本当に華々しかった。すでに、初代ミスマリンちゃんグランプリの実績もあり、グラドル界の超新星としての注目度は絶大。雰囲気的に井川遥的な癒しの資質も持ち合わせており、その後の順調な歩みはごく当然といえた。残念だったのは、事務所内のゴタゴタに巻き込まれた……ように思われること。活動拠点を台湾に移したこととの関連は不明だが、“もう少し日本でやってほしかった”と考えてしまうなど、傍から見て一時、消化不良のような忸怩たる思いがあったのも事実。公私結果的に彼女として、その決断と歩みは大正解だったようだが……。

【関連記事】

・佐々野愛美「童顔Gカップの破壊力!」重力に逆らうバストを独占したい【画像11枚】

・紗雪「当日コスプレして鏡を見ると“いけるぞ!いい感じ!”っていうのが、コスプレの醍醐味です」【独占告白5/7】【画像23枚】

・青山ひかる「ふわとろバスト」で2020年のグラビア界をリード!【画像8枚】

・“セクシー過ぎるギャルに変身”霜月めあが漫画『はじめてのギャル』とコラボ!【画像6枚】

・“テレ朝アナ”三谷紬「ニット越しの豊満ボディ」彼シャツで寝そべり誘惑!【画像4枚】