片岡沙耶「(おっぱいへの視線は)仕方がないことと分かってもいるので、これも個性のひとつだなって」【写真3枚】ズバリ本音で美女トーク4/5の画像
片岡沙耶

 週刊大衆2月1日号に掲載されたインタビュー。トレードマークのポニーテールをバッサリカットし、ショートヘアもお似合いの片岡沙耶さん。おっぱいが大きくても似合う下着が作りたくて入学した専門学校の技術を生かした〇〇〇や結婚観を語ります! 本サイトで5回にわたってお届けします。

【写真】片岡沙耶「(おっぱいへの視線は)仕方がないことと分かってもいるので、これも個性のひとつだなって」【写真3枚】ズバリ本音で美女トーク4/5

――ところで、片岡さんは今年の7月で28歳になりますよね。結婚を意識してもおかしくない年齢かと思いますが、実際のところ、どうなんでしょう?

片岡 いきなりですね。実は昨年、私の周りでは結婚ラッシュだったんです。学生時代のチアリーディング部のチームメイトともずっと、一昨年ぐらいまでは「誰も結婚しないよね」って話していたんですけど、昨年になって急に同棲している、なんて話が出てきたんです。「えっ、ウソでしょ!?」ってだいぶ焦りましたよ。(笑)。

――ハハハハ、じゃあ片岡さんが同棲したいと思う好きな男性のタイプを教えてくれませんか?

片岡 気持ち的に余裕がある人や心を預けられる人です。あと外見だけで判断しない人――私のおっぱいを見ない人ですね(笑)。

――でも、大抵の男性は片岡さんのおっぱいに目がいっちゃうと思いますよ。

片岡 それは仕方がないことと分かってもいるので、これも個性の1つだなって最近は思うようにしています。悟りましたね(笑)。

――片岡さんの場合は、さらに右胸のほくろをどうしても見ちゃいますよ。ちなみに、ほくろ占いって信じますか?

片岡 けっこう信じちゃいますね、そういうのは。

――それなら良かったです。気になったので、こちらでちょっと調べてみましたよ。

片岡 どう書いてありました?

――心が優しくて情にもろいんだそうです。

片岡 アハハハ、そうなんですか(笑)。

――こうも書いてありました。男勝りで気が強くて、結婚すると“かかあ天下”になる、と。

片岡 本当ですか!?

(週刊大衆2月1日号「ズバリ本音で美女トーク」片岡沙耶4/5)

●かたおか・さや 1993年7月18日、神奈川県生まれ。T153-B90(G)W59H86。文化服装学院ニットデザイン科卒業。2001年から子役でドラマやCMなどで活躍していたが、学業優先のため高校入学時に芸能活動を休止。高校3年生時にスカウトされ芸能界に復帰し20歳でグラビアデビューを果たす。同時にCMや舞台で活動する一方で、近年では専門学校で学んだ技術を生かし、自身のブランド『Bow』を立ち上げるだけでなく、写真集やDVDで着用する水着の製作や衣装のスタイリストとしてもマルチに活躍中。

【関連記事】

・紗綾「デビュー当時はランドセル」15年目で大人の色気が満タンに【写真36枚】

・「脚が本体」紗雪がコスプレに目覚めてグラビアに進出するまで【全7話】【画像23枚】

・“戦隊ヒロイン”工藤美桜「エモいビキニ姿に!」『週刊プレイボーイ』プラチナムプロダクション記念号に登場!【画像9枚】

・村瀬のの「(DVDは)恥ずかしくてちゃんと観れてないんですけど、ちょっと観たら顔がすごい緊張してました」【独占告白7/11】【画像20枚】

・福丸雛「元気娘の新鮮なマンゴーヒップ」を南国から産地直送!【画像7枚】

・紗雪「脚が細いねとか手足細いねとかはありましたが、スタイルがいいとかは言われてなかった」【独占告白7/7】【画像23枚】

「ズバリ本音で美女トーク」片岡沙耶