確かに水着の時間は短いものの、映されている彼女に見せ惜しみという意識はないように見える。前出の3シーンは、細い紐のブラや下着を彷彿させる仕様のビキニを着用しており、スポーティー仕様の面積の大きいビキニで濁すという手法はない。あくまで編集サイドの思惑での短時間収録であり、彼女の頭の中ではもっとビキニ姿のシーンが収録されてしかるべき、そうあってもよかったと考えているようでならない。

他の水着記事を読む

 谷間の見せっぷりは微笑ましいほどだし、尻の食い込みもあり、巨乳の形状をさらに際立たせるべくビキニの紐をギュッときつく結んだゆえ、紐の下の肌が一様に白くなっていたりもして、全グラドルファンが焦がれて待ち望んだデビュー作に対する彼女ならではの意気込みが随所で感じられる。

 ワンピやノースリーブ着用時の巨乳の見せ方も変に隠すということはまったくもってなく、横からのショットなども“どんどん撮って”というシンプルな意思が感じられて、心置きなく見入ってしまう。ソーキそばを啜る際の口元のアップ(本作は沖縄の島々で撮影されている)や、アイス舐めで舌をベロっとお茶目に見せてくれるシーンなども、彼女の天衣無縫の魅力を知るうえで重要な要素。

【関連記事】

・来栖うさこ「絶対後悔しない」お尻はめちゃくちゃ見応えアリ!【画像61枚】

・くりえみ「とりあえず恋したい」イケない関係に燃えちゃう【画像51枚】

・秦瑞穂「おじさまにはお風呂のシーンがおすすめ」カメラが湯船に潜入?【画像60枚】

・“ちっぱい美女”真奈「机をまたいで座って」エッチに挑発【画像54枚】

・“144cmのグラマー”牧野澪菜「患者さんを元気にしちゃう」新米ナースに変身【画像62枚】