とりあえず、2000年代前半の主要グラドル事務所といえば、イエローキャブ&サンズ、ホリプロ、アーティストハウスピラミッド、アバンギャルド、フィットあらためフィットワン、リップなどが中心でしたが、目下、押しも押されもしないグラドル梁山泊として一翼を担っているのがプラチナムプロダクションと言えるでしょう」

他の水着記事を読む

 前出の『週プレ』では「発掘力No.1」といった形容もなされたプラチナムプロダクション。「レジェンドからNEXTまで」(引き続き同誌の形容)輩出してきたグラドルは枚挙にいとまがなく、他の追随を許さず(今年設立23年目のリップは同様に別格。目下、勢いに乗る新興事務所はいくつもあるが、はたして、20年後どんな様相を呈しているかはまったく想像がつかず。20年という年月はそれほど長く重い)。

「前述の面々以外だと、岩佐真悠子愛川ゆず季手島優木下優樹菜木口亜矢菜々緒あたりのレジェンドと呼ぶべき存在の輩出から、ひいては、現在シーンをリード中の豊田ルナ山田南実工藤美桜吉田莉桜大間乃トーコ源藤アンリらへの途切れない流れが実に見事なわけですが、途切れないと言えば、2010年代前半のいわゆる“グループアイドル勢のグラビア一斉進出”の時期の筧美和子、おのののかの奮闘も特筆したい。

【関連記事】

・大久保麻梨子、八代みなせ、佐々木麻衣、宮沢セイラ…ミスマリンちゃんに選ばれたアイドルたちを振り返る

・森咲智美、桐山瑠衣、山本ゆう…グラドルDVDに欠かせなくなったある必須アイテムとは?

・谷桃子『ゴッドタン』で見せた江頭2:50ばりのバラエティ力でグラドル界を牽引!

・伊織いお、東雲うみ、戸田れい…兼業OLがグラドル界で増えたわけを探る!!

・さとう珠緒、大原がおりから涼原あす菜まで…25周年の歴代ミニスカポリス総まくり!