そのあたりは、同じく彼女自身の本作における感慨である「(我ながら)中学生ぐらいに見える」「15歳ぐらい?(に見える)」などに表れているように、色気もさることながら、ロリセクシー的な要素も(こそが)大きいという話もあるが……(苦笑)。

他の水着記事を読む

 現状、ネットで確認すると、高セールスを記録したのにもかかわらず、なぜか、ファンのレビューがほとんど上がってない本作。発売から12年を経て、イメージDVD史的に本作はどんな意義、位置づけをなすものなのか(付記すると、本作は全編尾道市でのロケ。

 古くは小津安二郎監督『東京物語』から、勝新太郎主演『悪名』シリーズ、一連の大林宣彦作品、2000年代以降の数々のアニメやゲーム作品に至るまで、情緒あふれる美しい街並みの舞台としてお馴染みの土地。本作もその系譜に入れておきたい)。当時早々に見たファンの意見、加えて、ここ数年、あるいはこの機会に初めて目の当たりにした者の意見、まとめて聞いてみたい気がする。

(文・織田祐二)

【関連記事】

・大川成美「バスの中で手錠と目隠し」本性は結構なドMです【画像57枚】

・清瀬汐希「本当に何も着てない」お風呂のシーンは露出度満点!【画像62枚】

・米倉ななか「イチャイチャしながら」マッサージされちゃった【画像50枚】

・鈴木ふみ奈「わざとペン落としてチラ見せ」白衣の下に赤の激しい衣装【画像49枚】

・あべみほ「年下の男を誘惑」イケない恋をしちゃった【画像46枚】