10代の彼女のキラキラ輝いたビジュアルやボディはもちろん、当時の女子高生ファッションも存分に満喫できる本作(ただし、先述したように舞台は渋谷ならぬバハマ)。いろいろ多面的な意味で見応えあるはずなので、気になった方はぜひお求めのうえ、堪能していただきたい。

他の水着記事を読む

(文・織田祐二)

吉井怜(よしいれい)

1982年3月18日生まれ。東京都出身。T155・B83W57H82。1996年、情報番組『IT’sアクセス』へのレギュラー出演でTVデビュー。1998年、特撮ドラマ『仮面天使ロゼッタ』に主演、人気アイドルの仲間入りを果たす。1999年、優香、堀越のり、唐沢美帆らと1か月限定のホリプログループ・ユニット『NITRO』に参加。同年、フジテレビビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤーに選出され、トップ・アイドル(グラドル)としてのポジションを確立するも、2000年、急性骨髄性白血病を発症。闘病生活を余儀なくされる。その後、病気は完治。2002年、闘病記『神様、何するの…白血病と闘ったアイドルの手記』はベストセラーとなり、ドラマ化(主演は当時事務所の後輩の宮地真緒)。女優として活動を続け、多くのドラマや映画に出演。2006年公開の映画『LOVE MY LIFE』、2011年リリースの写真集『ここから』それぞれでオールヌード披露、大きな反響を呼ぶことに。2016年、俳優の山崎樹範と結婚。女優、タレントとして、引き続き精力的に活動中。

【関連記事】

・“現役OL”桜木こなみ「雪の中で水着になりたい」私、ドMなんですかね?【画像54枚】

・大川成美「バスの中で手錠と目隠し」本性は結構なドMです【画像57枚】

・清瀬汐希「本当に何も着てない」お風呂のシーンは露出度満点!【画像62枚】

・米倉ななか「イチャイチャしながら」マッサージされちゃった【画像50枚】

・鈴木ふみ奈「わざとペン落としてチラ見せ」白衣の下に赤の激しい衣装【画像49枚】

アイドルイメージDVD名作図鑑