カンボジア人の血(父親)も流れているということで、いわゆるハーフ系タレントの流れにも属する彼女だが、その独特のたたずまいから放たれるセクシーさにひたすら魅了される。エキゾチックな美貌と、パワフルなプロポーションの醍醐味を存分に堪能させられる。

他の水着記事を読む

 ただし、ひとつ断っておくと、彼女のボディが持つパワフルさはあくまで躍動感においてで、ガタイが肉感的にデカいゆえという意味ではない。むしろ、バランスで言うと、スレンダー系であり、腰のクビレ、腕や脚の細さ、肩周りのしなやかさなどは、グラドルというよりモデル系。その分、より胸のデカさが際立つことになっており、こういう規格外の体型はそうそう拝めるものではない(パーツのバランス的に、二次元ボディや2.5次元モデルの元祖と位置づけてよいかも)。

 浜辺での走りや動きによる揺れ、プールや川辺での濡れショット、接写(股間へのそれも随所に)、ニット巨乳など見どころ満載で、しっかり押さえるべき映像は押さえられている。

 かつてのレビューなどを読むと、水着の生地の厚さやパッド云々をあれこれ指摘したうえでの辛口評があったりもするが、現・女優の彼女の貴重な水着姿という点はむろんのこと、それを抜きにしても、そこまで見せ惜しみがされているとは思われず、逆にそういう生地ながら(いや、ノーマルな生地の厚さなのだが)、一点集中で見ていると(笑)、ビキニ内の胸の部位の微妙な動きやズレが我が視覚に伝わってくる感もあり十分楽しめる。

【関連記事】

・“現役OL”桜木こなみ「雪の中で水着になりたい」私、ドMなんですかね?【画像54枚】

・大川成美「バスの中で手錠と目隠し」本性は結構なドMです【画像57枚】

・清瀬汐希「本当に何も着てない」お風呂のシーンは露出度満点!【画像62枚】

・米倉ななか「イチャイチャしながら」マッサージされちゃった【画像50枚】

・鈴木ふみ奈「わざとペン落としてチラ見せ」白衣の下に赤の激しい衣装【画像49枚】