秋山莉奈

他の水着記事を読む

1985年9月26日生まれ。東京都出身。T163・B83W57H88。

 子役、ジュニアモデルを経て、2001年、15歳のとき、『仮面ライダーアギト』のヒロイン役でブレイク。その後、2007年の『仮面ライダー電王』、2009年の『仮面ライダーディケイド』にも出演し、シリーズのお馴染みのキャラ女優として定着(2006年には戦隊シリーズの『轟轟戦隊ボウケンジャー』にもゲスト出演)。

 女優のほか、スポーツレポーターやコラムニスト、バラエティ、お店経営など幅広いジャンルで本領を発揮。2008年には、南明奈小阪由佳とともにバラエティ番組発の口パクアイドルユニット『Peach’s』のメンバーとしても活躍。

 グラビアはジュニアモデル時代からこなしていたが、19歳の頃から本格的に活動。2007年には年に7枚ものDVDをリリースし、自慢のお尻を生かした“オシリーナ”の愛称で圧倒的人気を博す。

 2015年、ボートレーサーの後藤翔之選手と結婚し、グラビア卒業。現在は2児の母として、マイペースに芸能活動を継続中。

【一言解説】

 彼女ほど、その時々でアイドルとしての形を変え、その都度話題を集めてきた存在はいないだろう。とりあえずここではグラドル部門に限っての記述に留めるが、現在まで続く“美尻”ムーヴメントの先駆けとなる存在であるのは誰しもが認めるところだろう。

 なんといっても“オシリーナ”というキャッチーさが圧倒的で、仮にこれが“オシリーカ”(りか名義)だったり“オシリーコ”(りこ名義)だったりしたら、あそこまで支持されることはなかったはず。“リーナ”というふわっとした柔らかい語感がいいわけで、実際の彼女の魅力いっぱいのお尻とそれは見事にマッチしていた。

“齧り付きたいお尻”、“尻テロリスト”“日本一の尻美人”などお尻に関したキャッチフレーズを持つ子は現在何人もいるが(https://exweb.jp/articles/-/85247)、“オシリーナ”にどこまで迫り超えられるか、引き続き興味深く注視していきたい。

※余談ながら、彼女たちが生まれた当日の阪神の試合結果を調べてみたところ、水樹の7月16日、秋山の9月26日、ともに敗戦でした(苦笑)。


※スリーサイズはすべて公表当時のものです。

(文・織田祐二)

【関連記事】

・“現役OL”桜木こなみ「雪の中で水着になりたい」私、ドMなんですかね?【画像54枚】

・大川成美「バスの中で手錠と目隠し」本性は結構なドMです【画像57枚】

・清瀬汐希「本当に何も着てない」お風呂のシーンは露出度満点!【画像62枚】

・米倉ななか「イチャイチャしながら」マッサージされちゃった【画像50枚】

・鈴木ふみ奈「わざとペン落としてチラ見せ」白衣の下に赤の激しい衣装【画像49枚】