「あくまでそういうキャラを演じているわけですが、普段の振る舞いやイメージとのギャップが大いにウケて注目を集めています。ハマり過ぎて、一部では“素なんじゃないか?”といった疑惑が生まれた子もいるようですが(苦笑)」(アイドルライター)

他の水着記事を読む

 鈴原りこのように、SNSに“あざとい選手権”などと綴り、あえてキュートな写真を上げたり、十味のように“あざとーみちゃんあげる”と綴り、ファンを歓喜させるケースも。

「グラドルもファンもともに乗っかって楽しんでいるということですよね。九条ねぎがあざとかわいさを狙って写真を上げるも一部加工を忘れ、黒のトレーナーの繊維が胸元についた惨状となって『胸毛みたいになっとる』と告白、話題を呼んだのは記憶に新しいところ。

 一方、“あざとエロかわいい”をウリに見事ミスFLASH2021グランプリに輝いた名取くるみは、グランプリ獲得後その呼称をあっさり封印したとも。“あざとさ”の使い方はグラドル各自いろいろです(笑)」(前出・三橋氏)

 芸能ライターの織田祐二氏には、目下オススメの“あざとい”アイドルを挙げていただこうか。

「やはり、ツートップの夏本と森咲の言動には引き続き注目。夏本のSNSには“#あざとくて何が悪いの”に加えて“#かわいくて何が悪いの”というものもあり、その二重での開き直りぶりは爽快さや清々しさすら感じるほど(笑)。

【関連記事】

・橋本ひかり「今までよりも面積が少ない衣装」食い込みがすごいんです【画像49枚】

・鈴木ことね「お尻推しって言われます」自分では意識してませんでした【画像49枚】

・“現役OL”桜木こなみ「雪の中で水着になりたい」私、ドMなんですかね?【画像54枚】

・大川成美「バスの中で手錠と目隠し」本性は結構なドMです【画像57枚】

・清瀬汐希「本当に何も着てない」お風呂のシーンは露出度満点!【画像62枚】