田代さやかたしろさやか

他の水着記事を読む

1985年9月9日生まれ。愛知県出身。T154・B93W58H88。

 ダンスを習うため上京。2004年頃、通っていたダンススクールの講師とホリプロの縁でホリプロ入り。芸能人女子フットサルチーム『XANADU loves NHC』Nに所属し活動開始。2006年からは魅力のHカップを生かしたグラビア始め、バラエティ、映画、ドラマ、CMなどマルチに活動活躍。同年から2008年までは毎年4枚ずつDVDをリリースするなど、トップ・グラドルとしての地位を確立させる。2017年3月をもってホリプロ退社。同年4月より、“たしろさやか”名義でフリーで活動開始。特技の麻雀を生かすなど、マイペースに活動を続ける。

【一言解説】

 アフター優香のホリプロ・グラドル部門にあって、谷澤恵里香森田涼花らとともにシーンを席巻。現在、グラドルとしての(および巨乳爆乳史における)彼女の評価がどれほどのものかは微妙なのだが、当時の勢いや活躍ぶり(リリースしたDVDの枚数は19枚!)を振り返ると、佐藤江梨子夏川純ぐらいの実績で位置づけられてもいいと思われる。一連の『週刊ヤングジャンプ』(集英社)における表紙仕事は相当にインパクトあるものだった。一時はポスト磯山さやか的な感じで受け止められ、期待されていた様相も懐かしく思い起こされる。いまのようなネット時代での活躍だったら、その日本的にしてトランジスタグラマーなボディと愛嬌たっぷりの魅力的なフェイスで、案外グローバルな人気を博した可能性も? などとも考えてしまうが、どうだろう。

【関連記事】

・山岸楓「お乳が揺れまくり」際どい衣装で先生も興奮しちゃう?【画像50枚】

・若槻千夏、相澤仁美、菜々緒、吉田莉桜…20年間トップグラドルを輩出し続けるプラチナムプロダクションの実力

・“正統派美女”桜りん「グラドルで一番柔らかいカラダ」開脚シーンを見てほしい【画像60枚】

・夏来唯「キューを挟んだり、アイスを舐めたり」変形水着で誘惑【画像55枚】

・四宮由貴「ロデオマシーンでぶるぶる」撮影中に衣装が壊れちゃった【画像47枚】

・牧野澪菜「144cmのセクシーボディ」スクール水着でやらかしちゃった【画像61枚】