青山ひかる、本郷杏奈…“ポンコツ”の波、グラドル界にも!元祖は説明不要、島崎遥香の画像
※画像は『青山ひかる/僕の彼女はIカップの猫系アイドル [DVD]』より

 アイドルやグラドルに関する形容といえば、昔もいまもキュートなもの、プリティーなもの、セクシーなものなどポジティブなもので相場は決まっているはずだが、ここ数年、その真逆ともいうべき、なんとも意表を突く呼称でお馴染みになりつつあるのが“ポンコツ”だろう。

他の水着記事を読む

「元々はAKB48の人気メンバーだった島崎遥香を評して一般化した言葉だったと思いますが、昨今はグラドル・シーンでもそう評される者が続出中(笑)。当然のように本来の意味合いはネガティブなもののはずですが、最近の傾向や特徴としてはそれを逆手にとって、キャッチフレーズとして自称する子が増えているということでしょうか。時代とともに言葉の意味が変わるのは世の常だが、最近のグラドル界で定番になりつつあるテクニカル・タームと呼べるかもしれません」(アイドルライター)

 その主な顔ぶれを挙げると、“基本的ポンコツな人”と自認してやまない青山ひかる、『ゴッドタン』(テレビ東京系)における芝居の下手っぷりで“新ポンコツ女王”の称号を得た本郷杏奈、同じく人気バラエティ『有吉反省会』(日本テレビ系)で、過去24個のバイトをクビになったことが明かされ理解不能な言動で有吉弘行からポンコツ認定を受けた篠原冴美、“いつも心に納豆魂!ポンコツだけど粘り強さは誰にも負けません”のキャッチフレーズを掲げる高槻実穂、、“かわいいけどポンコツ!? 話題のHカップ娘”と呼ばれる原つむぎ、清楚な容姿ながら“ポンコツで干物”の形容でファン認知の佐野水柚、『芹沢会』なるポンコツ一家(!)を組長(!!)として立ち上げた芹沢まりな、などなど枚挙に暇がない。

【関連記事】

・“東大卒美女”東堂とも「パンチラと胸チラ」ポンコツOLのえっちな日常【画像3枚】

・山岸楓「お乳が揺れまくり」際どい衣装で先生も興奮しちゃう?【画像50枚】

・“正統派美女”桜りん「グラドルで一番柔らかいカラダ」開脚シーンを見てほしい【画像60枚】

・夏来唯「キューを挟んだり、アイスを舐めたり」変形水着で誘惑【画像55枚】

・四宮由貴「ロデオマシーンでぶるぶる」撮影中に衣装が壊れちゃった【画像47枚】

・牧野澪菜「144cmのセクシーボディ」スクール水着でやらかしちゃった【画像61枚】