そんなわけで、2013年にリリースされた本作。同年11月リリースの『りほの恋、麗しの島』との2部作的作品であり、人気アニメ『ラブライブ!』の声優として人気を確立させた中での水着映像。

他の水着記事を読む

 こういう場合、おうおうにして見せ惜しみや出し惜しみをしてしまいがちなわけだが、本作に限ってはノー・プロブレム。なんといっても、現在の(2021年7月某日)amazonでのBlu-ray盤の中古価格が本作で2万6000円強、『りほの恋~』で7000円以上ということでその評価、内容の充実度は推して知るべし。

 いや、「推して」などというのは無責任な話で(笑)、本題の中身について触れると、胸の形、その弾力が手に取るようにわかる紐ビキニ着用や、肉感的な体型の視覚効果が刺激的な競泳水着姿など、超サービスショットのオンパレード。

 ここでの彼女の姿は、余技というものを完全に逸脱した「本気」、もっと言えば、「本気のエロ」そのものであり、見応え十分、使い応え十二分な映像が次々容赦なく披露される。

 そのエロの部分では、どうしても絶賛発育過程の86センチのバストに目が行きがちで(仰向け、四つん這いの体勢から見せる横チチの見事なことよ)、むろん、それは100%正しいわけだが、随所で試みられる股間の丘陵部や尻への接写も味わい深いものが。

【関連記事】

・“ボイン声優”白壁爽子「さくらんぼが挟まっちゃった…」スイートな誘惑【画像3枚】

・青山ひかる「“ボイン番付”で東の横綱を獲得」Iカップの野生児猫娘が開拓した新境地は“〇〇すぎるおしり”!【画像5枚】

・上田操「水着広告の“謎の美女”からブレイク」攻めのSNS戦略でチャンスをもぎとった“あざかわ”声優アイ【画像2枚】

・水沢柚乃「そんなつもりじゃなかったのに……」意外な初体験で幕を開けた愛され“露出狂ゲーマー”の誕生譚【画像5枚】

・“巨乳コス美女”つんこ「丸見え下乳で全力エール!」エチエチすぎるマネージャー【画像2枚】