そのあたりは特技の和太鼓の演奏によって培われた大胸筋が織りなしたもの……かどうかは不明だが、10代ならではの若さと勢いと輝きに満ち溢れたゆえの微乳にして美乳であるのは間違いないだろう。

他の水着記事を読む

 持ち味の童顔とこんがり焼けた褐色の肌の妙味も見どころで、美少女好きとギャル好き、両方に対応した魅力が見事。ジャケ写にも使われたクリーム色のビキニ着用のシーンは、褐色の肌がより際立っていて、なかなか煽情的。浜辺で寝そべりながら片肘をついて意味深な表情でカメラを見つめる姿など、グッと来ないという男はそういないはず。

 後半の黒ビキニ姿もいい。ビキニの生地の面積はけっして小さくはないのだが、くだんの胸の内側部分の膨らみの主張ぶりや(右胸に浮かんだ小さなほくろも愛おしい)、パンツの横の鼠径部が完全にあらわになったショットなど、息を飲んだうえで迷うことなしにリプレイしてしまう結果に。

 平成元年生まれ、文字どおり新世代のトップ・グラドルめざし、力強く歩み始めた彼女の姿がここにある。ブレイクを果たす子は決まってデビュー時から原石としてスペシャルななにかを持っているものと言われるが、あらためて本作などを見ると、それがまざまざと実感させられる次第。

【関連記事】

・山岸楓「お乳が揺れまくり」際どい衣装で先生も興奮しちゃう?【画像50枚】

・“正統派美女”桜りん「グラドルで一番柔らかいカラダ」開脚シーンを見てほしい【画像60枚】

・夏来唯「キューを挟んだり、アイスを舐めたり」変形水着で誘惑【画像55枚】

・四宮由貴「ロデオマシーンでぶるぶる」撮影中に衣装が壊れちゃった【画像47枚】

・牧野澪菜「144cmのセクシーボディ」スクール水着でやらかしちゃった【画像61枚】