■『セカチュー』にも劣らぬ名作DVD

他の水着記事を読む

 周知のように、ここまで写真集は随時リリースしてくれても、イメージDVDのそれはなく、今後もなさそう。その意味でもラストイメージDVDの本作はグラドル史に燦然と輝くものとして、今後も語り継ぎ受け継いでいかれるべき作品(グラドル出身のブレイク女優の見本の作品としても)。いま見ても、いや、いまこそ、いまだからこそ見ておきたい(ちなみに今年は彼女のグラドル・デビュー20年目にあたる)作品なのだ。

(文・織田祐二)

綾瀬はるか(あやせはるか)

1985年3月24日生まれ。広島県出身。T165・B88W61H91。2000年ホリプロタレントスカウトキャラバンで特別賞を受賞し、芸能界入り。ホリプロ若手アイドルで構成されたHiP(ホリプロアイドルパラダイス)の活動や女優業、バラエティ出演に加え、グラドルとしても活躍。2001年、ファイブスターガールに選出され、大きな注目を集める。2004年、ドラマ『世界の中心で、愛を叫ぶ』ヒロイン役で大ブレイク。以後は、女優を中心に活動。映画『おっぱいバレー』『プリンセス トヨトミ』『映画 ホタルノヒカリ』『海街diary』、ドラマ『白夜行』(TBS系)、『JIN-仁-』(TBS系)、『八重の桜』(NHK)、『精霊の守り人』(NHK)などヒット作、話題作に数多く主演。

 

【関連記事】

・土屋太鳳「美スタイル際立つ白ワンピ」『徹子の部屋』出演の心情を語る【画像5枚】

・藤崎奈々子「“ドーバー海峡横断部”当時は泳げなかったんです(苦笑)」【写真4枚】ズバリ本音で美女トーク3/4

・土屋太鳳「周囲から浮いても自分の感性に正直」女性は結婚相手と一緒に富士山に登りたい

・四宮由貴「ロデオマシーンでぶるぶる」撮影中に衣装が壊れちゃった【画像47枚】

・牧野澪菜「144cmのセクシーボディ」スクール水着でやらかしちゃった【画像61枚】

アイドルイメージDVD名作図鑑