■下半身クイーンの呼称をほしいままに…

他の水着記事を読む

 結果的に彼女にとってイメージラスト作になってしまった本作。仮に、このままの流れであと数作出していたら、下半身クイーンの呼称をほしいままにしたはず。

 くだんの新作写真集では大胆なお尻ショットが話題、前評判を呼んでいるが、そもそも10年前から彼女にはその魅力と素養があったということがハッキリわかる、再認識させられる内容が本作の醍醐味といえる。

 未見の人は、新作写真集とともに購入、10年の時間差のお尻を見比べ、味比べしてみるのも一興だろう。そうして、彼女には現状の勢いに乗って10年ぶりの新作DVDのリリースも熱望、マンを持しての下半身革命を成し遂げていただきたい次第。

(文・織田祐二)

【関連記事】

・森下千里、小野真弓、飯窪五月「CMやバラエティに進出した個性派」1981年生まれのグラドルたち

・倉科カナ、戸田れい、長崎莉奈「百花繚乱のグラドル時代」1987年生まれのグラドルたち

・話題の片瀬那奈から大貫彩香、新田ゆうまで…横浜DeNAベイスターズとグラドルの特別な関係

・「尻ジャケ」の逆襲!熊切あさ美から佐々木萌香まで…ヒップで魅了するグラドルたち

・柳瀬さき、日里麻美、未梨一花…グラドル界に乳圧、パイ圧、着圧、「圧」の波が到来!