■黒猫ビキニ姿でのバックショット

他の水着記事を読む

 内容はゲーム好きの彼女にあわせ、RPG的要素を盛り込みつつ進行。当然、キワどいベッド・シーンやシャワー・シーンなどないが、自然の中で完全ビキニで撮影に臨む彼女(若き姿と表情)のビジュアルがとてもすばらしい。横チチのショットもあるし、股間に焦点を当てたショットもある。黒猫ビキニ姿でのバックショットや四つん這いもあり、“彼女流グラドル”としての真価が随所で発揮されている。寝そべるシーンでは一瞬ではあるものの、目下グラドル界で時流の(笑)鼠径部も映し出されるなど、さすが彼女、そのあたりの先取り感は興味深い(!?)。

■当時より「確実に大きくなってる」

 なお、「確実に大きくなってる」と1000万人、ならぬ1057万人が狂喜驚嘆した話題騒然の胸については、当時はそれなりのサイズということで(苦笑)。水着のサイズや形状のせいかちょいちょい肌との間に隙間ができて、思わず食い入るように見入ってしまうことにもなるわけだが(男のサガ)、その意図はともかく、本作における見どころであるのは間違いないだろう。

 リプレイで凝視してしまうという意味では、中盤のピンクのビキニ姿のチャプターもしかり。股間部に生じた筋状のラインを編集段階でGOにした、文字どおり“イキ”な計らいも特筆しておきたい(股間の狙いといえば、ジャケ写のそれも確信的な構図ということで付記、指摘しておこう)。

【関連記事】

・深田恭子、川崎あや、森咲智美…水着で見せる“鼠径部バトル“勃発!

・中川翔子、佐野夏芽、河中あい「群雄割拠の時代」を生き抜いたグラビアアイドルたち

・林ゆめ、葉月あや、華村あすか…応援したい!オラが町のグラビアアイドル

・吉木りさ、青島あきな、滝ありさ…個性で「グラビア新時代」を切り拓いた1987年生まれのグラドルたち

・倉科カナ、戸田れい、長崎莉奈「百花繚乱のグラドル時代」1987年生まれのグラドルたち