公演には川栄李奈や木崎ゆりあ加藤玲奈伊豆田莉奈など盟友も登場し、入山の最後のステージを見送った。最後のスピーチでは、俳優としての活動を継続していきたいとしつつ、「メキシコ留学は私の人生で切り離せない。メキシコでのお仕事も頑張りたいし、ドラマや映画に出られるように頑張ります」とこれからもメキシコを拠点にした活動をしていくことを誓った。

他の水着記事を読む

 AKB48のメンバーとして、海外を拠点に活動する国際派アイドルとしての可能性を広げてくれた入山。『EX大衆 2021年6月号』(双葉社)の伊豆田莉奈との対談で、入山は「グループに恩返ししてから卒業したい」と語っていたが、彼女のメキシコでのアクティブな活動はAKB48にとっても明るい未来を示したことは間違いない。

 そして、メキシコ留学はもちろん、女優という個性も確立させてきたらこそ、そんな彼女なら、アイドルという肩書きがなくとも、“入山杏奈”として活躍することができるだろう。これからどんな姿をファンに届けてくれるのか、楽しみにしたい。

【関連記事】

・AKB48田北香世子「まるで眠れる森の美女…」お姫様な美デコルテフォトにファン歓喜【画像4枚】

・元AKB48鈴木まりや「初参加だったけど楽しかった」アイドルイベントへの登場をファンに報告【画像2枚】

・AKB48篠崎彩奈「マジで綺麗すぎ…」1stイメージDVDの撮影オフショットにファン興奮

・元AKB48達家真姫宝「エチエチなメイドさん」アイドルイベントの水着衣装を紹介【画像2枚】

・小嶋陽菜「これぞ美セレブ…」ゴージャスな美しさ際立つドレスで美肌ハラリ【画像5枚】