No image
『EX大衆』3月号

祝!5thシングル『桜月』発売 櫻坂46守屋麗x大沼晶保 対談を特別先行公開!

 表題曲センターを務める守屋麗と、沼ソングやブログのGIFなどオリジナリティあふれる発信が好評の大沼晶保。ふたりが放つグループ随一の存在感の陰には、研修生時代からの優しさと悔しさがあった。いまだからふたりに聞きたい、お互いのこと、『桜月』のこと、これからのこと。

取材・文●大貫真之介写真●武田敏将

■悔しさを味わっているから頑張ることができた

――大沼さんと守屋さんは坂道研修生の頃から仲がよかったそうですが。

守屋 あきぽと最初に話したのは、坂道合同オーディションの最終審査が終わったときでした。「よろしくお願いします」くらいだったけど(笑)。

大沼 麗奈のことは同じ年齢だったから気になっていたんです。

守屋 私も「同じ年齢の子がいる!」って、うれしかった記憶があります。

――お互い、第一印象はどうでしたか?

大沼 絵本から飛び出してきたお姫様みたいで、「かわいいなぁ」と思ってました。

守屋 全然そんなことなかったと思う(笑)。逆に、あきぽを初めて見たときは「うわ~、美人さん」と見とれちゃいました。

大沼 いやいやいや(笑)。

――セレクション期間中にふたりの距離が縮まったんですよね。

大沼 はい。一緒にレッスンに行って、帰りにご飯を食べて。

守屋 関東組で年齢が近い田村真佑乃木坂46)も一緒にいることが多かったです。

――田村さんがグループに配属されて、ふたりは研修生からのスタートになりました。

守屋 研修生ツアーに向けて短期間で何曲も振りを覚えなきゃいけなかったので、あきぽとは支え合ったことを覚えてます。

大沼 1カ月で15曲くらい?

守屋 そうだったね。

続きは2月15日発売の雑誌『EX大衆』3月号(双葉社)を御覧ください!
 

【関連記事】

・『EX大衆3月号』櫻坂46関有美子卒業直前ソロインタビューを特別先行公開!

・『EX大衆3月号』乃木坂46岩本蓮加&弓木奈於対談を特別先行公開!

・えなこ「透きとおる白肌を解放!」『EX大衆3月号』表紙&グラビアに颯爽と登場【画像5枚】

・櫻坂46守屋麗奈「ドキドキが止まらない純白ランジェリー姿」健康的なエンジェルボディ

・HKT48田中美久、21歳のバースデーグラビアで表紙巻頭登場! “さやちゃんず”乃木坂46掛橋沙耶香&金川紗耶の同期仲良しトークも