上白石萌歌(かみしらいしもか)

2000年2月28日生まれ、鹿児島県出身。T163。趣味/歌唱、走ること、写真を撮ること、散歩、美術館めぐり。2011年、小学校5年生のとき、姉である上白石萌音が「第7回 東宝シンデレラオーディション」を受けるのを知り、自らも応募。過去最多となる4万4120名の応募者の中から、長澤まさみが持っていた最年少記録を塗り替える形でグランプリを受賞し、同じく審査員特別賞を受賞した姉とともに芸能界デビュー。当時の審査員からの講評では「東宝シンデレラが持っていてほしいものを、すべて持っていた」と大絶賛を受けた。同年9月、ティーン向けファッション誌『ピチレモン』専属モデルとして芸能活動をスタート。女優デビューは、2012年2月から放送された長澤まさみ主演の連続ドラマ『分身』(WOWOW)。2013年、中学2年生のとき、姉の萌音が東京の高校に進学するのに合わせて、自らも上京。姉妹での同居生活をスタートさせる。2016年8月、前年に同役を務めた姉からバトンを受け取る形で、ミュージカル『赤毛のアン』の主人公アン・シャーリー役に史上最年少で抜擢。以降も、『魔女の宅急便』『続・時をかける少女』など、話題のミュージカルに主演。2018年には、映画『羊と鋼の森』で萌音と共演を果たし、その好演が認められて第42回 日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞した。また同年には、主人公の声を演じたアニメ『未来のミライ』がカンヌ国際映画祭に出品。2019年、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演。平泳ぎで日本人初のオリンピック金メダリストとなった前畑秀子を演じた。これまでにドラマ作品でクロール、映画で背泳ぎの水泳選手を演じており、あとはバタフライ選手の役を経験すれば、女優として個人メドレー達成となることも話題となった。女優業と並行して歌手活動も展開しており、2015年6月にアニメ『はなかっぱ』(NHK Eテレ)の主題歌『ス・マ・イ・ル』で歌手デビュー。2017年には、映画『ナラタージュ』公開に合わせ、自らの素性を隠して女子高生シンガー「adieu」としてシングルを発売。2019年には、同名義で本格的に音楽活動を始動。ミニアルバム発売やライブ開催も経験。

上白石萌歌「長澤まさみの記録を塗り替える最年少女王」令和最強姉妹の妹は東宝シンデレラの完成形!の画像
  • NEW

上白石萌歌「長澤まさみの記録を塗り替える最年少女王」令和最強姉妹の妹は東宝シンデレラの完成形!

 
上白石萌歌「蕎麦があるから頑張れる」女優が「本格派!」と絶賛した立ち食いそばの名店の画像

上白石萌歌「蕎麦があるから頑張れる」女優が「本格派!」と絶賛した立ち食いそばの名店

 
上白石萌歌は芸能界の紫外線をUVカットして「女優人生の個人メドレー」を目指すの画像

上白石萌歌は芸能界の紫外線をUVカットして「女優人生の個人メドレー」を目指す

 
宮崎あおい

「宮崎あおい、蒼井優…歌わない“アイドル女優”の出現」社会学者・太田省一×アイドル評論家・中森明夫対談 5/14

 
上白石萌音

上白石姉妹が家族ぐるみで付き合う西早稲田の名店の看板料理は肉じゃが

 
上白石萌歌

【占い】競泳水着が話題の上白石萌歌は「水」の中で運命を変える!?