吉高由里子(よしたかゆりこ)

1988年7月22日生まれ、東京都出身。高校時代にスカウトされて芸能の道へ。当時、女優業への興味は特になかったが、デビュー作となった2006年の映画『紀子の食卓』でいきなりヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。続く2008年には、初主演を果たした『蛇にピアス』でヌードも辞さない肝の据わった演技を見せ、日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得し、現在まで若手屈指の人気女優として活躍している。ダチョウ倶楽部の寺門ジモンに太鼓判を押されるほどの肉マニアとしても知られており、調理前の肉を見ただけでその部位を当てるのはもちろん、その品質までをも見抜くほどの目利き。あまりに肉が好きすぎて、高校時代は焼き肉店でアルバイトをしていたというエピソードも持つ。

吉高由里子「唐揚げとハイボールがあればほかになにもいらない」美女が愛する中津の名店の画像

吉高由里子「唐揚げとハイボールがあればほかになにもいらない」美女が愛する中津の名店

 
吉高由里子

2月9日「肉の日」は吉高由里子と一緒に肉が食べたい!【記念日アイドルを探せ】