小倉優子(おぐらゆうこ)

1983年11月1日生まれ、千葉県出身。T162・B80W56H83(公表時)。高校生時代に芸能事務所のスカウトを受けて芸能界へ。2000年10月から約半年、日本テレビのバラエティー番組『三宅裕司のドシロウト』に出演した後、2001年に男性誌でグラビアデビュー。初の映像作品となる『グラビアの美少女/小倉優子 Soda pop』も、この年の1月に発売。その後もハイペースで映像作品のリリースを続け、2002年には「日テレジェニック2002」に選出。また、読者投票で決定する「ミスヤングアニマル」にはこの年から4年連続で選ばれている。抜群のロリ系フェイスが好評を得て、トップグラビアアイドルとして活躍する一方、「こりん星のりんごももか姫」という独自キャラクターを創出。語尾に「~りんこ」、「~りんこだプー」とつけるトークがバラエティー番組の目にとまり、民放各局のテレビ番組に引っ張りだこに。2005年には、『笑っていいとも!』の金曜日レギュラーに選ばれるなど、お茶の間にも定着する。また、同時期に歌手デビューも経験しており、シングル計6枚(うち1枚はデュエット)、アルバム2枚(うち1枚はベスト盤)を発売。これまでにDVDを63枚、写真集も29枚をリリース。イメージDVDの発売枚数は堂々の1位、写真集は熊田曜子に続く歴代2位の記録で、日本グラドル史に燦然と輝くレジェンドと呼んでしかるべき存在。2010年2月、イベント後の取材にて「2009年末をもって“こりん星”キャラをやめた」旨を公表。その後の取材で、もともと限界を感じていたなか、タレントの有吉弘行から「うその限界」なるあだ名をつけられたのが決意のきっかけだったと話した。2010年11月に、ヘアメークアーティストと婚約中であることを公表。「ラスト写真集」と銘打った『幸福論』を2011年9月に発売し、これをもってグラビアからの卒業を発表。2011年10月に婚姻届を提出。2012年6月に第一子を出産。また、2016年11月に第二子を出産したが、妊娠中の8月に夫と後輩タレントとの不倫交際が発覚。2017年3月に離婚が報道される。2018年12月に一般男性と再婚。2020年2月に第三子の妊娠を発表した矢先に、夫との別居および離婚騒動が発覚。同年7月に第三子を出産している。3児の母となった今も、グラビアアイドル時代と変わらぬ美貌で活躍し、現在では人気ママタレの地位を獲得している。

続きを読む
林ゆめ、葉月あや、華村あすか…応援したい!オラが町のグラビアアイドルの画像

林ゆめ、葉月あや、華村あすか…応援したい!オラが町のグラビアアイドル

 
吉木りさ、青島あきな、滝ありさ…個性で「グラビア新時代」を切り拓いた1987年生まれのグラドルたちの画像

吉木りさ、青島あきな、滝ありさ…個性で「グラビア新時代」を切り拓いた1987年生まれのグラドルたち

 
安めぐみ、山本梓、福永ちな「魅惑のアラフォー」81年生まれアイドルたちの画像

安めぐみ、山本梓、福永ちな「魅惑のアラフォー」81年生まれアイドルたち

 
浜田翔子、リア・ディゾン、浦えりか「個性派ぞろい」86年生まれのグラドルたちの画像

浜田翔子、リア・ディゾン、浦えりか「個性派ぞろい」86年生まれのグラドルたち

 
南明奈の「鼠径部が完全にあらわになった」名作DVDは必見!の画像

南明奈の「鼠径部が完全にあらわになった」名作DVDは必見!

 
大原優乃、あまつまりな、長澤茉里奈…グラドル界に「姫&プリンセス」ムーブメント到来!の画像

大原優乃、あまつまりな、長澤茉里奈…グラドル界に「姫&プリンセス」ムーブメント到来!

 
「ぱんつの姫」「モテ男育成請負人」ほか、グラドルのブッ飛んだキャッチフレーズが急増中!の画像

「ぱんつの姫」「モテ男育成請負人」ほか、グラドルのブッ飛んだキャッチフレーズが急増中!

 
水樹たま、秋山莉奈…グラドルとして紆余曲折があった85年生まれグラドルたちの画像

水樹たま、秋山莉奈…グラドルとして紆余曲折があった85年生まれグラドルたち

 
乙葉「2000年代の新・癒やし系」グラドルの素朴な水着姿が収められたDVDがあった!の画像

乙葉「2000年代の新・癒やし系」グラドルの素朴な水着姿が収められたDVDがあった!