林ゆめ(はやしゆめ)

1995年10月18日生まれ、北海道出身。T168・B84W53H87。趣味/旅行、ボクシング。2016年12月に上京。IT企業にOLとして勤務していたところ、芸能事務所からスカウトを受ける。グラビアデビューは2017年10月の『週刊ヤングマガジン』の「ブレイキングガール」コーナー。『頭文字D』で知られる人気漫画家・しげの秀一の新作『MFゴースト』から誕生したレースクイーンチーム・MFGエンジェルスの一員に抜擢され、レースクイーンとしても活動をスタートする。その後、MFGエンジェルス名義で『ヤングマガジン』の裏表紙を飾り、さらに東京オートサロンに出演したことで一躍注目度が高まり、Twitterのフォロワーが4倍に跳ね上がる。2018年6月には「日本レースクイーン大賞2018」の新人グランプリを獲得。さらに翌年1月に「東京オートサロン2019」内で行われた「日本レースクイーン大賞2018」授賞式では、大賞選考のファイナリストにも選出されている。2019年2月には、「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー’18-’19」を北海道出身のタレントとして初めて受賞するなどトップの座に駆け上がるが、活動期間1年でレースクイーンを引退。2020年2月から配信された『テラスハウス TOKYO 2019-2020』(Netflix)に「吉田夢」名義で出演するなど、新たな方向性を模索する。グラビアにおいては、歴代のレースクイーン・オブ・ザ・イヤーで最も細いウエスト53センチを武器に、「新世代のくびれ女王」と称される。自身も体型維持には余念がなく、そのストイックな鍛え方は、雑誌『Tarzan』に出演するほど。その他のキャッチコピーには、同じ事務所の先輩である川崎あやが考案した「みんな大好き林ゆめ」などがある。

グラビア界を席巻するユニット隆盛の裏側を探るの画像

グラビア界を席巻するユニット隆盛の裏側を探る

 
林ゆめ

林ゆめ「RQ新人女王」の極上すぎるボディに癒やされたい!【写真11枚】