永作博美(ながさくひろみ)

1970年10月14日生まれ、茨城県出身。T156。B型。1988年、『オールナイトフジ 女子高生スペシャル』(フジテレビ系)の美感少女コンテストでベストパフォーマー賞を受賞。その後、乙女塾の一期生となり『パラダイスGoGo!!』(フジテレビ系)にレギュラー出演する。松野有里巳、佐藤愛子と「ribbon」を結成し、1989年12月6日に『リトル☆デイト』で歌手デビュー。その後は、グループとして『週刊スタミナ天国』(フジテレビ系)、『KURA・KURA』(テレビ朝日系)などにレギュラー出演。また、『ハートにribbon』(ニッポン放送)、『ルームメイト気分で』(文化放送)などのラジオ番組も持つ。1993年に劇団☆新感線公演『TIMESLIP 黄金丸』に主演。個人としては、1993年に『My Home Town』でソロデビューし通算4枚のシングル、2枚のオリジナルアルバムを出している。1994年にドラマ『陽のあたる場所』(フジテレビ系)で単独女優活動を開始。グループの自然消滅を経て、1995年に『さんかくはぁと』(テレビ朝日系)でヒロイン役を演じる。以後、数多くの映画、テレビドラマに出演し、主演作も多い。代表作はテレビドラマ『週末婚』(TBS系)、『婚外恋愛』(テレビ朝日系)、『ダーティ・ママ!』(日本テレビ系)、映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』、『人のセックスを笑うな』、『八日目の蝉』など。

続きを読む
永作博美「永遠のアンチエイジングな童顔」は所属アイドルグループでも最年長だった【アイドルグループ「最年長メンバー」列伝vo.23】の画像

永作博美「永遠のアンチエイジングな童顔」は所属アイドルグループでも最年長だった【アイドルグループ「最年長メンバー」列伝vo.23】

 
永作博美

高橋由美子、永作博美、SPEED…アイドルと卒業ソングの関係性【90年代編】

EX大衆 2020年4月号 
広末涼子

広末涼子、原田知世、大塚寧々ほか、アート関係者と結婚したアイドルの共通点は⁉「アイドルと結婚できる職業」第22回・アート関係者

 
壇蜜

壇蜜、大家志津香、武藤十夢…難関国家資格を持つアイドルたち