熊田曜子(くまだようこ)

1982年5月13日生まれ、岐阜県出身。O型。T164・B92W56H84。趣味/カラオケ。特技/ピアノ、簿記、ブラインドタッチ、一輪車。2001年、高校3年のときに「ミスマガジン」に応募し最終選考まで残るも、母親の猛反対を受けてこれを辞退。看護学校に進学するも、夢が捨てきれず雑誌『Audition』の「2001年秋の特別オーディション」出場を経て、芸能界入りを果たす。2002年3月に1stイメージDVD『a la mode』、そして1st写真集『mimosa』を発売。以降も写真集やDVDを続々リリースし、魅惑のクビレを有した巨乳ボディで雑誌の表紙やグラビア誌面にひっぱりだこのグラビアクイーンへ。通算38冊の写真集リリースはグラドルの歴代最高記録であり、62枚リリースのDVDも上位記録として君臨。文字どおりの唯一無二の“グラビア・モンスター”(有吉弘行が命名)と言っていいだろう。また、2002年には事務所内で結成されたアイドルグループ・P-GIRLに参加したほか、2006年にはシングル『Always / わたしだけの場所』でCDデビューも経験。バラエティの世界にも進出し、精力的に活動を展開していく。2012年、バラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレ朝)内にて、同年4月に一般男性と結婚し、妊娠していることを発表。12月に無事第一子の出産を公表した。結婚後、賞賛の一方で様々な誹謗中傷を受ける中、「誹謗でもなんでも注目されなくなったほうが怖い」と、ひたすら己の道を力強くまい進。特にスタイル維持に対するストイックさは群を抜いており、これまでボディ・メンテナンスに関する著作も多数発表している。そのかいあってか、依然、リリースする作品は売り上げランキングの上位に顔を出し、人気に衰えは感じさせない。写真集至上主義でイメージDVDが敬遠される傾向にもある昨今、「動画は体をごまかせないから、DVDにこだわり続ける」という発言は、グラドルの鑑ならではのもの。2015年に第2子、2018年に第3子を出産し、3児の母となってもグラビア活動を継続。現役ママグラドルとしての新たなポジションも築き上げる中、写真集、DVDともにリリース数をどこまで伸ばせるか、注目が集まる。

続きを読む
熊田曜子・熊切あさ美・塩地美澄「奇跡のアラフォー軍団」下着姿で大人フェロモン放出の画像

熊田曜子・熊切あさ美・塩地美澄「奇跡のアラフォー軍団」下着姿で大人フェロモン放出

 
熊田曜子「妖艶なS字ボディライン」なびいた長い髪も色っぽいの画像

熊田曜子「妖艶なS字ボディライン」なびいた長い髪も色っぽい

 
レジェンドから新人まで、グラビア大充実のデジタル写真集サイトは必見!の画像

レジェンドから新人まで、グラビア大充実のデジタル写真集サイトは必見!

 
吉木りさ、青島あきな、滝ありさ…個性で「グラビア新時代」を切り拓いた1987年生まれのグラドルたちの画像

吉木りさ、青島あきな、滝ありさ…個性で「グラビア新時代」を切り拓いた1987年生まれのグラドルたち

 
熊田曜子「バッキバキのレジェンドボディ」黄金ビキニでランウェイを沸かす【画像2枚】の画像

熊田曜子「バッキバキのレジェンドボディ」黄金ビキニでランウェイを沸かす【画像2枚】

 
安めぐみ、山本梓、福永ちな「魅惑のアラフォー」81年生まれアイドルたちの画像

安めぐみ、山本梓、福永ちな「魅惑のアラフォー」81年生まれアイドルたち

 
浜田翔子、リア・ディゾン、浦えりか「個性派ぞろい」86年生まれのグラドルたちの画像

浜田翔子、リア・ディゾン、浦えりか「個性派ぞろい」86年生まれのグラドルたち

 
宮沢りえから川崎あや、本仮屋リイナまで「ふんどしブーム」再燃か?の画像

宮沢りえから川崎あや、本仮屋リイナまで「ふんどしブーム」再燃か?

 
離婚騒動に揺れる熊田曜子は『工業哀歌バレーボーイズ』主演で輝くはず!の画像

離婚騒動に揺れる熊田曜子は『工業哀歌バレーボーイズ』主演で輝くはず!