紗雪(さゆき)

1995年8月21日生まれ。B型。T168・B84W60H86。特技/絵を描くこと、画像加工(フォトショップ)。中学時代からアニメを見はじめる。それ以前から絵を描くことも好きだったため、子どものころは漫画家を目指したことも。転機は大学生だった2014年、友だちと遊びに行った夏コミで、コスプレに興味を持ち、同年12月の冬コミにて、『ハイキュー!!』の潔子(きよこ)さんの衣装を身に着けてコスプレデビュー。その後、実妹でアイドルの甲斐千遥が所属していた芸能事務所がコスプレイヤーを探していたことから、同事務所に所属。ここからグラビアアイドルとしての活動も始めていく。すらりと伸びた美脚を最大のチャームポイントとしており、「脚が本体のアイドルでグラドルなコスプレイヤー」がキャッチコピー。美脚については、中学時代はダンス部に所属していたほか、通学は片道30分の道のりを自転車で通っていたため、そこで鍛えられたと語っている。また、『ラブライブ』や『アイドルマスターシンデレラガールズ』などの二次元アイドル好きが高じて、超次元ロマネスクというアイドルグループを結成。メンバーは実妹もふくめて彼女自身がスカウトを行ない、ダンスもボイトレも独学、というセルフプロデュース形式で、クラウドファンディングを活用しての資金調達に成功し、2020年8月にデビューライブも予定している。

続きを読む
“コス美女”紗雪「しなやかな脚とお尻で求愛!」熊コスプレで四つん這いの画像

“コス美女”紗雪「しなやかな脚とお尻で求愛!」熊コスプレで四つん這い

 
「脚が本体」紗雪がコスプレに目覚めてグラビアに進出するまで【全7話】【画像23枚】の画像

「脚が本体」紗雪がコスプレに目覚めてグラビアに進出するまで【全7話】【画像23枚】

 
紗雪「脚が細いねとか手足細いねとかはありましたが、スタイルがいいとかは言われてなかった」【独占告白7/7】【画像23枚】の画像

紗雪「脚が細いねとか手足細いねとかはありましたが、スタイルがいいとかは言われてなかった」【独占告白7/7】【画像23枚】

 
紗雪「コミケの体力の消耗の仕方が異常で!社長出勤みたいな感じで、遅く行くみたいな感じにしています」【独占告白6/7】【画像23枚】の画像

紗雪「コミケの体力の消耗の仕方が異常で!社長出勤みたいな感じで、遅く行くみたいな感じにしています」【独占告白6/7】【画像23枚】

 
紗雪「当日コスプレして鏡を見ると“いけるぞ!いい感じ!”っていうのが、コスプレの醍醐味です」【独占告白5/7】【画像23枚】の画像

紗雪「当日コスプレして鏡を見ると“いけるぞ!いい感じ!”っていうのが、コスプレの醍醐味です」【独占告白5/7】【画像23枚】

 
紗雪「フォロワーさんが息してるしてないに関わらずTwitterが流行っているので(フォロワーが増えたのかなと)」【独占告白4/7】【画像23枚】の画像

紗雪「フォロワーさんが息してるしてないに関わらずTwitterが流行っているので(フォロワーが増えたのかなと)」【独占告白4/7】【画像23枚】

 
紗雪「(初コスプレは)黒髪、黒コンのコスプレだったんですけど、それは“ただのお前”ってなって」【独占告白3/7】【画像23枚】の画像

紗雪「(初コスプレは)黒髪、黒コンのコスプレだったんですけど、それは“ただのお前”ってなって」【独占告白3/7】【画像23枚】

 
紗雪「(DVDは)どこまで脱いだらいいんだろうってなっちゃうので、ちょっとストップしておこうかなと」【独占告白2/7】【画像23枚】の画像

紗雪「(DVDは)どこまで脱いだらいいんだろうってなっちゃうので、ちょっとストップしておこうかなと」【独占告白2/7】【画像23枚】

 
紗雪「“脚が本体の人”をキャッチフレーズにしているので、脚をキレイに魅せられる競泳水着をよく着ているのかなと」【独占告白1/7】【画像23枚】の画像

紗雪「“脚が本体の人”をキャッチフレーズにしているので、脚をキレイに魅せられる競泳水着をよく着ているのかなと」【独占告白1/7】【画像23枚】