芦田愛菜(あしだまな)

2004年6月23日生まれ、兵庫県出身。2010年に放映されたドラマ『Mother』(日テレ)で演じた虐待される少女役で、一躍“天才子役”として脚光を浴び、以降、NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』出演、歌手デビュー作となった『マル・マル・モリ・モリ!』で日本ゴールドディスク大賞ベスト5ニューアーティスト受賞、映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビュー。読書に目覚めたのも早く、4歳でひらがなを全てマスターし、幼稚園時代から1月に最高60冊、年間で平均して180冊もの本を読んだという。多忙を極める現在もその習慣は継続中で、「読むものがなければ調味料やペットボトルの裏の成分表を読む」という立派な活字中毒へと育った。その膨大な読書歴の中から厳選された、おすすめの本を紹介する著書『まなの本棚』(小学館)も発売。

芦田愛菜

4月30日「図書館記念日」は芦田愛菜と図書館に行きたい!【記念日アイドルを探せ】