若槻千夏(わかつきちなつ)

1984年5月28日生まれ。埼玉県出身。T160・B82W58H84(公表時)。2001年、渋谷109でスカウトされて芸能界入り。すぐにグラドルとして頭角を現し、写真集、DVDを続々リリース。歯に衣着せぬ発言、持ち味のおバカトークでバラエティでも早々に存在感を発揮し、MEGUMIや小倉優子、根本はるみ、熊田曜子らとともにバラエティグラドル界をリード。200年代グラドルのある意味象徴的な存在。おバカ全開のキャラで、“番組に欠かせないバラエティグラドル”という新ジャンルを確立させた第一人者。明石家さんまや島田紳助、久本雅美らが認めた話術と存在感は、“若槻の前に若槻なく、若槻のあとに若槻なし”と言って過言ではない。2005年からはフジテレビの『スーパー競馬』でキャスター格で抜擢されたほか、MC(的立場)としての仕事も急増するが、度重なる体調不良等により徐々に仕事はセーブされ、ブログや自身のブランド『W C』での活動が中心に。2012年、一般男性と結婚。2015年、本格的に芸能仕事を再開。以後はマイペースな形で活動中(しばらく関わりがなかったとされるアパレル業も2019年に本格再開)。二児の母でもある。

続きを読む
松田聖子

辻希美、小倉優子、熊田曜子ほか「ママドル」の元祖は松田聖子だった!?